藍峯舎 江戸川亂歩『奇譚』限定250部

Category : ◆藍峯舎



「大亂步」のすべての源泉がここにある!ー
21歳の大学生亂步が、ポー、ドイル、ルブランから 押川春浪、黒岩涙香まで、
偏愛する作家とその作品を論じ、自らの思い描く理想の探偵小説への熱い思いを
綴った自筆の手製本「奇譚」を藍峯舎が初めて単行本化。
乱歩研究家中相作による翻刻と校訂を得て、「大亂步」誕生の秘密を解き明かす
伝説の「稀書」の全貌が、100年の時を超えついに公開される!
原本の全頁の高精細デジタル画像を収録したCD-ROM付の完全版。
l
江戸川亂歩『奇譚』
限定250部記番入 CD-ROM付
定価22,000円(税込)

江戸川亂步が世に送り出した最初の「著書」といえるのは、早稲田大学在学中の満21歳だった大正5年(1916)、自らペンを握って少年時代から偏愛してきた作家とその作品について積年の想いを洋罫紙に綴り、表紙の図案から目次のレイアウト、カットの絵まで手掛けた全240頁の手製本 「奇譚」です。ポーを始祖とする探偵小説への熱い思いが吐露されたこの本を、亂步は作家としてデビューする以前の雌伏時代、弟たちと経営していた古書店の店頭に商品として並べたこともありましたが、残念ながら買い手はつきませんでした。そんな「奇譚」を、亂步は専業作家となった後も手元に大事に保存して、いつか出版の機会が到来するのを待っていたようです。
 しかし亂步の生前、ついに「奇譚」は陽の目を見ることがなく、昭和63年(1988)の講談社の文庫版全集において、ようやくその写真版による複写が公開されました。とはいえ、この文庫版全集は判型が小さいことに加え、当時の印刷技術では写真も鮮明とは言い難く、おまけに文章が片仮名表記だったため、一般の読者にとってその内容を読み取るのは、はなはだ困難な状態でした。
 そんななかで、この亂步研究の原典ともいうべき「奇譚」の解読にあえて挑んだのが亂歩研究家中相作氏です。亂步についての画期的なリファレンスブック三部作の編集で知られる中氏が長い年月を費やしたその成果の一部は、2014年暮に刊行された氏の個人誌「伊賀一筆」で公開されましたが、今回の藍峯舎版はその後、中氏が完成させた「奇譚」全ページの翻刻を集大成し、原文の片仮名表記を読み易い平仮名に変換したうえで初めて単行本化いたしました。さらに立教大学が保存する原本の全ページを、今回の出版にあたり最新技術でデジタル化した高精細画像に、原文のままの片仮名表記による翻刻文を添えて完全収録したCD−ROM付の決定版です。
制作から100年の時を経て、ついに明らかとなる亂步の全著書中随一の「稀書」の全貌を、どうぞこの藍峯舎版でお楽しみください。

【造本仕様】
A5判 本文168頁
布表紙、面取題簽貼り・三方銀・角背
貼函、CD二ツ折ケース、保護筒函

保護筒函上題簽用紙/ 風光 一色刷
貼函用紙/ 五感紙(荒目 黒)・金箔押
CDケース/ 布・ワールドカンパス(SNシャンタ ン)・金箔押
表紙/布・ワールドカンパス(SNシャンタン)・金箔押
題簽用紙/TS-8(N-7)四色刷・金箔押
見返用紙/五感紙(荒目 黒)一色刷
本扉用紙/五感紙(ナチュラル)二色刷
本文紙/アラベール(ナチュラル)
奥付用紙/レイド紙(ナチュラル)

※付属CD-ROMの動作環境
・Windows Vista、Windows7、Windows8.1、Windows10、Mac OS 10.8以上で確認。
・上記以外のOS(LinuxやiOS、Android等)には対応しておりません。
・ご利用にはPCに接続されたCDドライブが必要です。
・ディスクから直接に起動するアプリケーションですので、インストールや追加ソフトは不要です。
・タブレットデバイスやマルチタッチ操作には対応しておりません。

※こちらの商品は新刊本です。複数冊ご購入頂けます。

完売致しました。

販売価格 SOLD OUT
在庫数 SOLD OUT

この商品について問い合わせる

Cart

Search

Category

Publisher/Author, etc.

Blog

古書きとら『書斎日記』

Twitter

Mail Magazine